医療機関データベース

医療機関データベース >> コンテンツ詳細
表示内容を印刷します
記入者:管理者

会長ごあいさつ

雲南医師会長      
西 村 昌 幸     

 雲南医師会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。会員を代表してご挨拶申し上げます。
医師会の沿革にも示しておりますように、平成18年4月1日、旧三郡医師会が合併し、雲南医師会が設立されました。
設立時の雲南医師会の目的は、「医道の高揚、医学及び医術の発達・普及並びに公衆衛生の向上を図り、もって社会福祉を増進すること」を謳っています。

 現在、雲南圏域の医師数は、島根県下の他の地域に比べ最も少なく、特に病院勤務医の減少が問題となっており、勤務医の過重労働が限界に達しています。そのため、この圏域での病病連携(病院間の連携)、病診連携(病院・診療所間の連携)は重要な意味をもっています。こうした中、公立雲南総合病院のご理解・ご協力により、同病院内に医師会事務局が開設されたことは、より病診連携が強まり、雲南圏域住民の地域医療の充実につながる流れが生まれるものと考えています。
医師会の組織は開業医中心のものと思われがちですが、現在多くの病院(大学病院も含めて)の勤務医も加入しています。これは全国的にも雲南地域でも同じです。

 ここで、開業医の日常業務について紹介させていただきます。

1.一次医療を担当し、ときには病院に紹介する。
(市町村役場や保健所等行政などの協力で)
2.学校医として健康診断及び管理
3.インフルエンザに代表される予防接種事業
4.住民の特定健診事業及びがん健診による健康管理
5.高齢者を中心とした介護保険事業による介護福祉への参加・協力
6.その他、産業医や警察協力医など、関係団体等との連携・協力

 このような多忙な厳しい状況ではありますが、我々開業医・勤務医は雲南医師会の下に、雲南地域医療の更なる充実に努めてまいります。
 皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。