設立経緯(沿革)

 平成18年 4月 1日 雲南医師会設立
  ・旧仁多郡医師会・大原郡医師会・飯石郡医師会の合併により、雲南圏域一市二町を包括した
   医師団組織成立
  ・開業医41名、34医療機関と公立雲南総合病院18名、平成記念病院4名、町立奥出雲病院
   6名の勤務医で、総勢69名の組織となる。
  ・初代会長に陶山吉朗氏就任(陶山診療所長)
   平成21年11月、新型インフルエンザ流行時に、公立雲南総合病院において、開業医が日曜
   日の発熱外来を2ヶ月にわたって交代で受け持ち、多忙な勤務医の手助けとなり感謝される。
   これは、病診連携の具体的な始まりであり、初代会長の特筆すべき功績である。二期四年間
   で雲南意識あの基礎づくりに尽力
 平成22年 4月 1日 第二代医師会長就任
  初代陶山会長の勇退により、西村昌幸氏(西村医院院長)が二代目会長に就任。
 平成22年11月 1日 雲南医師会事務局開設(公立雲南総合病院内)
  恒久的事務局設置をめざし、これまで会長宅に設置していた事務局を公立雲南総合病院内に設
  置。
 平成29年 第三代医師会長就任
  
藤原 卓氏(横田永生クリニック理事長)が三代目会長に就任。
 令和元年 第三代医師会長就任
  
永瀬 英雄氏(本永瀬医院理事長)が四代目会長に就任。